メディカルアロマの資格取得 ナードアロマテラピー協会認定校 東京八王子

【終了】精油の蒸留実習〜レモングラスの刈取りから蒸留まで〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

【aromatime部活動】では、植物の刈り取りから、蒸留機にかけて精油になるまでを体験する実習でした。
前回は、AromaTimeのお庭に育つレモングラスを蒸留しました♪

お庭のレモングラスを刈り取り

アロマテラピーで使う精油は、植物から蒸留して作られますね。
レモングラス

AromaTimeのお庭で育つレモングラスを刈り取りました

みぃちゃん

レモングラス

レモングラスの精油の成分について

レモングラスの精油の主成分は、シトラールという成分がメインです。ハーブウォーターにも同じようにも含まれています♪
シトラール(ネラール+ゲラニアール)は、抗ヒスタミン作用があるためアレルギーによる痒みにお勧めです。

こちらも参考に
レモングラス精油

痒み

レモングラスを蒸留して、精油ができるまで

レモングラス

刈り込んだレモングラスの植物を、蒸留器に入れるために小さくカット

レモングラス

蒸留器

ガラス製の大きな蒸留器は、蒸留の過程がじっくり観察できます

 

蒸留を待っている間に余ったレモングラスを使って、フレッシュハーブを使って編みタイム!リースにしました。フレッシュな状態でないとできないので、この季節のお楽しみ♪
レモングラス

蒸留器を加熱し始めて20〜30分位経つと、ハーブウォーターが出始めます。
ハーブウォーターは、市販のものよりもレモングラスの香りがはっきりとしてフレッシュです。精油の香りよりも爽やかで、好評の声ばかり♪

http://aromatime.jp/jiten/wp-content/uploads/2017/11/img_5774.mov

蒸留している過程も目が離せなくて、とジーっと観察しちゃいます。

出来上がったレモングラスウォーターにも、レモングラス精油と同じ成分(シトラール)が含まれています。
化粧水としてそのまま使えるため、痒み肌のスキンケアにも使いやすいです。毎回100ml程度お持ち帰りがあるので、たっぷり使えますね♪

今まで市販品を試して苦手だった人も、このレモングラスウォーターは好き!という声も聞かれて、とても好評で嬉しかったです

みぃちゃん

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アロマスクールAromaTime , 2017 All Rights Reserved.