メディカルアロマの資格取得 ナードアロマテラピー協会認定校 東京八王子

春の妖精に会いに^^(春の植物園へGo!)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

AromaTime人気部活の植物園ツアー、今週からスタート!

ということで、下見に行ってきました^^

みぃちゃん

出かけるといっても、AromaTimeのある京王線北野駅からバスで15分ほど。思い立ったら気軽に行けるところです^^
AromaTimeのお庭も、梅が満開になり、ボケや寒桜のつぼみが膨らみ、春が近づいているのを感じます^^ 水仙ももうすぐ!ハーブでは、ローズマリーが咲き始めました。

東京薬科大学植物園の今の様子(3月中旬)をご紹介

春の妖精(スプリング・エフェメラル)

春の妖精は、早春のみ、地上に姿を表す植物たちのこと。もう少し春が深まると、他の植物たちに負けてしまうので、まだ寒いけど、いち早く一年分の光を浴びて、すぐに地下に潜ってしまいます。これらが春の妖精、イコール、スプリングエフェメラルです。

セツブンソウ(黄花節分草)が春の妖精らしく、可憐でした♪
セツブンソウ

↓カタクリのお花は、もう少しで咲きそう
カタクリ

(お隣にある都立長沼公園では、3月週末にカタクリ観察会がありますよ。ここら辺は、カタクリの群生地が意外に多いのです)

アロマで利用する精油、植物油になる植物


月桃は、沖縄が有名な、日本の精油。温室で花が咲いていました^^

 

パルマローザ
パルマローザのお花、イネ科のお花は地味ですね。

ウィンターグリーン
我が家のウィンターグリーンの実と違い、ぷりぷりで可愛い💕

ホーウッド
↑ホーウッド(芳楠)は、楠の一種です。
東京薬科大学には、楠も合わせて300本ほどあり。入り口からずっと楠の並木道です。

フラワーエッセンスの植物

アグリモニー

まだ若葉で、柔らかいアグリモニーは、肝臓に効果的なハーブティーでもあります。基本的には、アロマテラピーで使う精油や植物油になる植物を中心に、植物園の中をご案内する植物園を見学するツアー。

季節ごとに植物の様子が変わるので、様々な季節で楽しめますよ

みぃちゃん

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アロマスクールAromaTime , 2018 All Rights Reserved.