メディカルアロマの資格取得 ナードアロマテラピー協会認定校 東京八王子

【期間限定無料プレゼント】1分でできる!3問で分かる体質診断

自分の体質を知って、陥りやすい不調を防ぐ診断チェック!“体質”とは、体調と性格です。体質別の不調のアロマレシピもご紹介してます^^
今だけ、追加のプレゼントもあり期間限定プレゼントのため、お早めに追加してくださいね。
LINE@

【期間限定無料プレゼント】1分でできる!3問で分かる体質診断

自分の体質を知って、陥りやすい不調を防ぐ診断チェック!
“体質”とは、体調と性格です。体質別の不調のアロマレシピもご紹介してます^^ 
今だけ、追加のプレゼントもあり期間限定プレゼントのため、お早めに追加してくださいね。
LINE@

アロマセラピスト資格の取得、学び方(勉強法)

 
アロマセラピスト
【期間限定無料プレゼント】1分でできる!3問で分かる体質診断

自分の体質を知って、陥りやすい不調を防ぐ診断チェック!
“体質”とは、体調と性格です。体質別の不調のアロマレシピもご紹介してます^^ 
今だけ、追加のプレゼントもあり期間限定プレゼントのため、お早めに追加してくださいね。
LINE@

【期間限定無料プレゼント】1分でできる!3問で分かる体質診断

自分の体質を知って、陥りやすい不調を防ぐ診断チェック!
“体質”とは、体調と性格です。体質別の不調のアロマレシピもご紹介してます^^ 
今だけ、追加のプレゼントもあり期間限定プレゼントのため、お早めに追加してくださいね。
LINE@

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

1)アロマセラピストについて

アロマテラピーは、植物から採れる香り成分を100%そのままの”精油”を使った自然・植物療法です。この精油入りのアロマオイルを使って、療法(テラピー、セラピー)をするセラピストがアロマ・セラピストです。アロマの専門家です。

自然療法は、治療とは違います 一般的に、西洋医学では”病気”を治療しますが、自然療法は”人”を癒します。お疲れや不調を抱えた人の自然治癒力の元気を取り戻すお手伝いをしています。お手伝いするの主役は、植物の香り成分が濃縮したエッセンスである精油です。そのため、アロマ(精油)の深い知識が必要となります。
香り
アロマ・セラピストの資格は民間資格です。治療ではなく、自然療法(ナチュラル・セラピー)を行う人をセラピストと呼びます。そのため、”アロマ・マッサージ”ではなく、”アロマ・トリートメント”と呼ばれます。

2)アロマセラピストの資格

アロマ・セラピスト資格は、各協会により変わります

アロマトリートメント

3)アロマセラピストの資格取得について

アロマセラピスト資格の取得は、大きく分けて3つあります。

1)独学に通う
2)各アロマ協会の資格取得コースに通う
3)専門学校に通う

1)独学  <   2)各アロマ協会認定スクール <  3)専門学校

上記の順番で、費用は高くなります。

 

1)独学は本やテキスト代、オイル代、ビデオ代のみ。やはり、実践があるため、アロマの基本のみなら知識取得は可能だと思います。トリートメントとなると、現実的にはお勧めできません。

3)専門学校は全日制2年間、費用は200万円以上が多いようです。時間も費用もかなり莫大にかかります。

2)のスクールは、アロマ協会やスクールにより違います。期間も費用もさまざまです。雰囲気や相性も大切になりますので、実際に体験してみるの大切です。

4)アロマセラピストの学び方(勉強方法)

アロマセラピストは、主に以下の二つが必要となります。

  1. アロマを深く学ぶ
  2. ヒトについて深く学ぶ

①は、精油を深く学ぶ。アロマテラピーの土台となる精油を単なる知識だけでなく、精油の効果を深く体感し、理解していることが必要ですよね。逆をいうと、精油は単なる良い香りだけとしか思えないセラピストさんから、アロマトリートメントを受けたいでしょうか?

②は、ヒトを癒すという点を考えると、人について詳しくなる必要がありますね!タッチングや人の身体に触るために、基本的な解剖生理学が必要となります。
こちらを詳しく書くには、ちょっと膨大すぎるので、別の項目に書く予定です。①は、これまでも精油を取り上げてきましたが、今後は、②も少しずつ増やしていこうと思いますので、お楽しみに^^

5)ナード協会のアロマを学ぶメリット

アロマ(精油)を深く学ぶ

4)で上げたように、①アロマ(精油)を深く学ぶ必要がありますね!
ナードのアロマは、他のアロマ協会よりも、精油の成分を深く学ぶことができます

精油の成分は、精油の効果をお伝えしやすく、また、数値化できて見える化できるため、セラピスト自身が納得しやすいですし、論理的に説明しやすく、納得してもらいやすいメリットが大きいです。

ヒトについて、深く学ぶ

②ヒトについての観点から他のアロマ協会と違う点が、体質論を学ぶカリキュラムがあることです。アロマテラピーは自然療法の一つと最初にご説明しましたね。そして、自然療法の対象は、不調や症状ではなく、”人”です。
ナードアロマ協会では、初級であるアロマアドバイザー資格からこのカリキュラムが含まれています。
この考え方を学ぶのは、セラピストにはとても大事なことだと思っています!

私自身がそうであったように、AromaTimeの生徒さまも、イギリス系アロマ協会のセラピスト資格を取得した上で、精油をさらに深く学びたい!とナード協会のアロマを学ぶ方も多いですよ

みぃちゃん

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アロマスクールAromaTime , 2018 All Rights Reserved.