メディカルアロマの資格取得 ナードアロマテラピー協会認定校 東京八王子

【期間限定無料プレゼント】1分でできる!3問で分かる体質診断

自分の体質を知って、陥りやすい不調を防ぐ診断チェック!“体質”とは、体調と性格です。体質別の不調のアロマレシピもご紹介してます^^
今だけ、追加のプレゼントもあり期間限定プレゼントのため、お早めに追加してくださいね。
LINE@

【期間限定無料プレゼント】1分でできる!3問で分かる体質診断

自分の体質を知って、陥りやすい不調を防ぐ診断チェック!
“体質”とは、体調と性格です。体質別の不調のアロマレシピもご紹介してます^^ 
今だけ、追加のプレゼントもあり期間限定プレゼントのため、お早めに追加してくださいね。
LINE@

ラベンダーの違い(Nardアロマ・アドバイザーで学ぶ精油)

 
ラベンダー
【期間限定無料プレゼント】1分でできる!3問で分かる体質診断

自分の体質を知って、陥りやすい不調を防ぐ診断チェック!
“体質”とは、体調と性格です。体質別の不調のアロマレシピもご紹介してます^^ 
今だけ、追加のプレゼントもあり期間限定プレゼントのため、お早めに追加してくださいね。
LINE@

【期間限定無料プレゼント】1分でできる!3問で分かる体質診断

自分の体質を知って、陥りやすい不調を防ぐ診断チェック!
“体質”とは、体調と性格です。体質別の不調のアロマレシピもご紹介してます^^ 
今だけ、追加のプレゼントもあり期間限定プレゼントのため、お早めに追加してくださいね。
LINE@

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

アロマテラピーといえば、”ラベンダー” こういわれる位、ハーブの代表選手ですね^^

実は、ラベンダーは色々な種類のラベンダーがあるのをご存知ですか?

ラベンダーの精油は、植物で大きく分けると、イングリッシュ系(コモン系・スピカ系)と、フレンチ系に分かれます。

1)ラベンダー・アングスティフォリア

イングリッシュ系のラベンダー。イングリッシュラベンダー・真正ラベンダー・コモンラベンダー・トゥルーラベンダーともいわれますね。学名もLavandula angustifolia 以外にも、 Lavandula officinalis 等も同じもの。

ラベンダーといえば、このラベンダーを思い浮かべる方が多いです♪

ラベンダー精油に含まれる成分は、リラックス成分である酢酸リナリルが約50%を占め、また残りの半分は、自律神経を強壮、不安を和らげる作用があります。

そのため、ストレス状態で落ち着きたい時、精神的な心配があるときなど、精神的な不調の時に良く使います。

また、リラックス目的以外にも、痛みや炎症を鎮めるのに役立つので、頭痛、肩こりや生理痛から、スキンケアまで活躍範囲がとっても広いので、我が家でも大活躍の精油です♪

2)ラベンダー・スピカ

イングリッシュ系、スピカ種のラベンダーです。学名はLavandula spica。学名が違う通り、違う種類のラベンダーなんですね。

1)のコモン系に比べると比較的暖かい地域でも育ちます。例えば、北海道ではコモン系ラベンダーも育ちますが、私が住む関東では2)の方が比較的元気です^^

スピカ種のラベンダーを蒸留すると、精油の成分は、リラックス成分がほぼ入っていません!そのため、リラックスには効果を感じることは私にはありませんね。

蛇や毒虫などに昔から使われているラベンダーなので、アウトドアにはお守り代わりに持参しています^^

3)ラベンダー・ストエカス

ラベンダーストエカス

こちらは、フレンチ系のラベンダー。紫色の花びらが二枚ピン!とたっていて、ウサギの耳のようなに見えませんか?^^

1)の写真と比較してみれば、違う種類のラベンダーだなぁと良く分かりますよね!

蒸留した精油の成分も全く違うものなんです!

ラベンダーは安全性が高い精油という評判が多いですね。しかし、この精油の成分は、使える人が限られます。小さいお子さん、妊婦さん、高齢者、てんかん患者の方は、使わない方が良いとされる成分が多く入っています。

一番多く入っている成分は、上記の方には使えないのですが、脂肪溶解作用を持っていたりします。

腹部周りの脂肪対策で使ったら、効果を感じましたよ★

ラベンダーはリラックスの精油というだけではなくて、成分から使い方を学ぶのことが効果的に使えるコツです♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アロマスクールAromaTime , 2016 All Rights Reserved.