成分により精油を解説しています

【期間限定特典付き】季節セルフケアのアロマ情報メールレッスンお届け中!

雨降る前の片頭痛(気象病)アロマでセルフケア

WRITER
 
片頭痛
この記事を書いている人 - WRITER -
植物オタクです♪趣味は、緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪ ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。 アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。 アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。 フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。 アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。

日常生活でアロマを使う場面は色々ありますが、ご紹介する機会が多く、自分でも使うのが、頭痛対策です!
女性の方が”頭痛持ちさん”が多いですね。この慢性頭痛には、緊張性頭痛と片頭痛があります。
今回は”気象病”ともいわれる、”片頭痛”についてを取り上げます。

鎮痛剤は世の中にないと困りますが、慢性頭痛の方が、毎回頭痛の度に鎮痛剤のお世話になるのも考えモノです。鎮痛剤を使いすぎて、逆に頭痛になることもあるのです(薬剤乱用性頭痛は本当に辛いそうです、体験した生徒さんから伺いました)

日常生活で取り入れやすい対策を、ご紹介しますね^^

片頭痛の原因と引き金になるモノ

片頭痛とは、何らかの原因で血管が拡張しすぎて、三叉神経などを刺激して、痛みがおこります。
過労、睡眠不足、寝すぎ、PMS、チーズ、チョコレートが頭痛の引き金とも。
頭痛
私自身も片頭痛で悩んでいます。
天候の変化で、気圧の変化が頭痛を招く一因とも。天気が崩れるのが分かるのは、天気予報よりも正確かも?!

アロマのセルフケア

ペパーミント精油を活用

ペパーミント1%濃度のオイルをこめかみに塗る*
注意:目の近くだと刺激を感じるので、気を付けて塗ってくださいね!
(*1%濃度のオイルの作り方:精油2滴+10mlの植物油に混ぜる)
ペパーミント
血管が拡張して痛みが引き起こされるので、血管収縮作用のあるペパーミントを利用しました。
注意) ペパーミント精油は、禁忌があり!子供・妊婦さん・てんかん・高血圧の方は、絶対に使わないでください!

日常生活のセルフケア

私自身がいつも対策している方法をご紹介します^^

コーヒー

15時くらいまでなら、コーヒーも飲みます(夕方以降は、眠れなくなるので)
コーヒーのカフェインが血管収縮作用があるためです。
コーヒー

耳栓

最近、試して、効果を感じたモノ!
この耳栓をすると、頭痛が少なくいので、効果を感じてます。

単なる”耳栓”ではなく、”気圧調整のための耳栓”です。
飛行機のときに、耳がキーンとなるのを防ぐのに販売されています。

追記

”頭痛予報”を事前にお知らせ!お勧めアプリ

良いアプリを教えていただきました^^

「頭痛ーる」(iPhone) (アンドロイド版)

頭痛ーる

青い線が気圧の変動を表しています。いつ、セルフケアすれば良いか、分かりやすい!
左下のフクロウの表情も変わって可愛い^^

しかも!この2日前には、スマホのTOP画面に通知も来ました。

頭痛ーる

こういうのが通知されると、外出時の持ち物に、ペパーミントのオイルと耳栓を入れておこう!などと準備もできますし、痛くなる前に対策もしやすいです。
今日も外出先で、早速活用しました^^

 

まとめ

中医学(漢方薬)の最古の薬学書”新農本草経”には、”三薬”という考え方があります。これは、文字通り3種類の薬の意味です。
”下薬”とは、”治療薬”のこと。強い作用で、病気を治すお薬。長期には使えない。
”中薬”とは、”体質改善の薬”のこと。穏やかな作用するお薬のこと。
”上薬”とは、”予防薬”のこと。命を養う薬と紹介され、強い作用を持つものではなく、病気を予防し、元気に生きるために、長期間使える。

この考え方からいうと、アロマテラピーは、中薬や上薬に当たるものだと、私は思っています。
中薬的に使うときは、ある程度の濃い濃度の精油を不調を改善するために利用します。
上薬的(予防)に使うときには、安全な濃度(1-2%の精油濃度)で利用します。

アロマテラピーって、”予防医学”です。
アロマの勉強をしているつもりでも、ふと気づくと、いつの間にか、身体の勉強ばかりしている!ってことは、よくあります。なぜなら、精油を有効に使うためなのです。

なるべく薬に頼り過ぎたくない!と思いませんか?
そのために、原因と対策を考えて、薬の代わりになる別の方法を知るためです。

アロマテラピーはその有効な対策の一つであると、私は思っています。

”健康”って、誰かに任せられるものではなくって、自分自身が主体性を持つモノ。
アロマテラピーを学ぶことって、”自分の健康について考える”ってことだと思うのです。

自分や家族の健康を守るために、メディカルアロマを学ぶならこちらに詳しく
★13周年限定特典付き!無料メールレッスン★

メルマガ

この記事を書いている人 - WRITER -
植物オタクです♪趣味は、緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪ ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。 アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。 アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。 フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。 アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。

Copyright© アロマ精油辞典(効能一覧) , 2018 All Rights Reserved.