メディカルアロマの資格取得 ナードアロマテラピー協会認定校 東京八王子

精油を使うメリットとは?~雑誌セラピストの記事の詳しいご紹介

 
雑誌セラピスト
この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

精油を使うメリット

精油を使うメリットって何でしょうか?
現代薬(西洋薬)とセラピストが使う精油とは、どのような作用の違いがあるのでしょうか?
雑誌セラピスト

現代薬(西洋薬)は特定の症状に効くことを目的に調合するため、含まれる成分には特徴があり、単一成分でほぼ100%でできています。このため、一つの目的に対し効果を発揮します。

一方、精油には多様な成分が含まれます。この精油成分一つ一つの作用が強いわけではありません。しかし、西洋薬よりもはるかに多様な成分を含むため、身体全体に働きかけます。

それによって、総合的な自然治癒力を底上げし、さらに嗅覚を通して、自律神経系・内分泌系の命令系統である視床下部へダイレクトに影響をあたえることができます。多様な症状に、多様なアプローチで効果を発揮するのが、精油を使うメリットです。

下記の通り
4ページに渡り、テーマ別で精油をご紹介しました。

記事まとめ2

アレルギーや更年期などの女性ホルモン

記事まとめ1

慢性疲労や不眠に関すること、消化管ホルモンについても取り上げました!

雑誌セラピスト

雑誌セラピストのこの”ホルモン特集”では、ドクターから先ずホルモン系の全体像と、各ホルモンについてが紹介されています。
この特集、順番に読むと、とっても分かりやすく構成されていますよ♪

 

原稿の打ち合わせのときに、読者に役立つものを分かりやすく提供したい!という熱い想いが伝わり、感動しました。
そして、プロのアドバイスってすごいんです!!

分かりやすく伝えるために、原稿を元に何度か修正をしました。
ぐぐっと伝わりやすくなっています^^

ぜひご覧くださいませ

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アロマスクールAromaTime , 2016 All Rights Reserved.