メディカルアロマの資格取得 ナードアロマテラピー協会認定校 東京八王子

【開催報告】”リピート率70%の秘訣”をアロマサロン実践勉強会で伝えました(総合セラピスト講座)

 
取材記事アロマサロン
この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

アロマセラピストとして活躍していくために、トリートメントのことだけ考えていれば良いのでしょうか?
先日のセラピスト試験を終えたばかりなので、たとえ試験であっても「お客さまファースト」を忘れてはいけない!と実感したばかり!

自分自身が自宅サロンを取材されたときの記事を読み返しました。10年以上前の古い記事でしたので、「いろんな意味で若いよ、ジブン!」と自分に突っ込んだりしました^^;


リピート率70%以上の理由の大きい理由は、「お客さまへのセルフケアの提案力」だったと思っています。

そのため、サロン実践勉強会の最後のテーマは、”アロマオイルを使ったセルフケア方法の提案の仕方”です。OJTサロンでは、「お客さま自身の不調をあきらめない」という視点を大事にしています。そのため、力が入ります!

OJTサロンのオープンも、いよいよ一か月後になりました♪ モニター募集はメルマガにて!

みぃちゃん

最初に、大事な目的を再確認しました。

・何を伝えるか?
・何のために伝えるのか?
・どう伝えるか?

お客さまが受け入れてくれるセルフケア方法を提案していくことに尽きます。

アロマサロン時代も、今はスクールで伝えているだけ!
やりたいことは、昔から変わらないなぁと改めて実感デス!

みぃちゃん


OJTサロン4月デビューするセラピストのNoriちゃん、誰でも受け入れてくれそうな笑顔と雰囲気、そして、温かくて柔らかい手が大好き

みぃちゃん

 

”セラピスト実践勉強会”参加者の感想

受講前のお悩み

セルフケアをどうお伝えして良いか悩んでいた

受講後

視点や考え方、取り入れ方について、ストンと落ちた。

(40代女性)

 

受講前のお悩み

作成したブレンドオイルをどのように塗布したら効果的か、その使い方が明確になっていなかった。

受講後

実際にオイルを塗布してストレッチする体験ができて、その効果を実感することができた。体験できたことで、他の人へのアドバイスする自信を持つことができました

(Mさん)

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。開校10年目の2019年に、セラピスト卒業生の活躍の場として、学生サロンをオープン。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© アロマスクールAromaTime , 2019 All Rights Reserved.