120%活用するためのメディカルアロマ

スポーツクラブでも活躍!便利なアロマグッズ(手作りアロマ持ち物リスト)

WRITER
 
スポーツジム
この記事を書いている人 - WRITER -
植物オタクです♪趣味は、緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪ ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。 アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。 アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。 フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。 アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。

スポーツジムへ持参すると便利な、お役立ちアロマをご紹介

みぃちゃん

『本格的にヨガに通い始めて、約半年。スポーツジムへの持ち物は、できるだけ軽くしたい!
アロマグッズなら、あれこれ兼用でき、好きな香りというだけでなく、効果も期待できるから一石二鳥です!』

シャワー

スポーツジム用、便利なアロマグッズ

  1. 精油入りシャンプー・ボディーソープ
  2. 精油入りオイル(ヘアートリートメント、ボディオイル、顔用オイル兼用)
  3. ハーブウォーター(顔・ボディ用化粧水兼用)

特に、2のオイルは、色々使える優れもの!
・頭に:シャンプー前に使えば、ヘアートリートメント代わり
・体に:冬は保湿として全身に塗ります。夏などは、膝やひざ下など乾燥が気になるところだけポイントで利用。
・顔に:今回レシピでご紹介する濃度で行えば、顔用、身体用の区別なく、どこでも使えます!化粧水の後のクリーム代わりに。

みぃちゃん

『ちなみに私のジム用持ち物リストは、ウェア、タオル、飲み物以外は、上記のみ!ジム用バッグに常備してます。』

1.精油入りシャンプー・ボディーソープの作り方

材料:お好みの精油、無香料のシャンプー、シャンプーを入れる容器

作り方(50ml分を作る場合)
①お好みの精油を10滴分を容器に入れる
②シャンプーorボディーソープ50mlを容器に入れて、精油と混ぜる。

2.精油入りオイルの作り方

材料:精油、ホホバ油(植物油)、オイルを入れる容器

作り方(50ml分を)
①お好みの精油を10滴分を容器に入れる
②お好みの植物油(ホホバ油、スィートアーモンドなど)50mlを容器に入れて、精油と混ぜる。

3.ハーブウォーター

材料:ハーブウォーター、入れる容器
大きさがきにならなければ、そのままで。小さい方が良ければ持ち運びたい容器に移し替えるだけ!

こちらも合わせて読みたい

精油のレシピ

シャンプー、ボディーソープ、オイルどれでも利用できます。同じ香りでも、1つ1つアイテムごとに違う香りを選んでもOKです。上記の作り方で紹介しました、50mlに対しての精油合計10滴分のレシピとなります。(*は、使用には注意が必要な精油)

●グッバイ筋肉痛●
・レモングラス      2滴
・レモン         8滴*<日没以降の限定利用>

●今晩はグッスリ眠りたい●
・リトセア        1滴
・マンダリン       5滴
・ラヴィンツァラ     4滴

●花粉症・風邪のシーズンには●
・リトセア        1滴
・ユーカリ・ラディアタ  9滴

●ダイエットサポート●
・ペパーミント      1滴*<子供、妊婦、てんかんなどの持病をお持ちの方は不可>
・グレープフルーツ    9滴*<日没以降の限定利用>

こちらも合わせて読みたい

お勧めハーブウォーター

●夏用:ペパーミントウォーター
●花粉症シーズン:レモングラスウォーター
●オールシーズン:ローズウォーター

みぃちゃん

『最後に、大事なこと!

共有スペースでの利用のため、”香害(コウガイ)”にならないようにしたい!

そのためには、香りの種類や濃度にも注意したいですね。

アロマ講師の川口ですが、実は強い香りが苦手です><;;

強い香りの柔軟剤のウェア、強い香りや個性的な香りの化粧品を使っている方が隣になると、席替えしたくなります←切実』

要注意!香りの種類と濃度

注意したいことは、香りの種類と濃度。色々な方が使う共有スペースでの利用となるので、あまり個性的な香りや強い香りは遠慮したいですね。

今回ご紹介するレシピは、柑橘系を中心に香りも軽いものにし、薄めの精油濃度での利用としました。

人工香料よりも、天然の精油の香りは長持ちしません。その点で、共有スペースでは、精油の方がむしろ使いやすいかもしれませんね。

みぃちゃん

『シャンプーやボディーソープなどは基本的には洗っている最中のみ香る感じです。川口自身はできるだけ、シャワーブースの中など”個室空間”での、アロマ利用になるよう気を付けています。顔もボディもシャワー室の中で!湿度が高い方が吸収しやすいですし、乾燥も防ぎやすいですしね。

香りの好みは一人ひとり違います!他人に不快な思いをさせないように、気を付けて利用したいものですね』

まとめ

アロマグッズを持っていくメリットは沢山ありますね!

・良い香りでリラックス作用、身体への作用も期待できます。

・アイテムが少ないので、忘れにくい。荷物も軽くなります。

・強すぎない香りなら、共有スペースで使いやすい。

スポーツジムでも、一石二鳥のアロマを活用してくださいね^^

この記事を書いている人 - WRITER -
植物オタクです♪趣味は、緑いっぱいのお庭でハーブを育てること。季節ごとに、生徒さんと植物園巡りをしてワイワイ楽しんでいます♪ ナード・アロマテラピー協会アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナー アロマ歴20年、AromaTimeとして活動して12年目です。 アロマ・トレーナー&アロマセラピスト・トレーナー資格取得者は、ナード・アロマテラピー協会で全国でも30名しかいない、0.5%の最上級資格です。 アロマテラピーは、自分や家族の健康に役立ちます。 フラワーエッセンスは、心に働きかける植物セラピーで、私の人生を変えました。フラワーエッセンスは、勤めていたアロマサロンで出会ったことをきっかけに学び始め、13年経ちました。 アロマ、フラワーエッセンスの二つの両面から、人生をより良くするサポートをしています。

Copyright© アロマ辞典(精油の効果効能一覧) , 2018 All Rights Reserved.