fbpx

メディカルアロマの資格取得 ナードアロマテラピー協会認定校 東京八王子

【決定版】各種ラベンダー精油の効果効能と使い分け・レシピ、お花の楽しみ方(精油の蒸留)を専門家がご紹介!

 
ラベンダー精油の効果効能と使い分け、レシピ

【期間限定】書籍に掲載した精油30種類のアロマデータの一覧表をプレゼント!

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

こちらは、ラベンダー精油について知りたい方向けの記事です。

植物の「生きる力」を精油の化学成分を通して、効果的にかつ安全で使える精油の使い方をブログでお伝えしています。ナードアロマテラピー協会認定アロマ・トレーナー、アロマセラピスト・トレーナーのAromaTime川口三枝子です。

ラベンダーといえば、アロマの代表選手。実はラベンダーには、たくさんの種類があること、ご存知でしょうか?
ラベンダー種類ごとの成分と使い方、お花を楽しめる場所、お庭で栽培したラベンダーの蒸留など、
いろいろな視点でラベンダーの魅力をご紹介しますね!

AromaTime川口三枝子

ラベンダー

各種ラベンダー精油の成分と使い分けについて

ラベンダー精油といっても、1種類だけではありません!
AromaTimeには下記の6種類のラベンダー精油のがあります。
・ラベンダー・アングスティフォリア
・ラベンダー・スーパー
・ラベンダー・レイドバン
・ラベンダー・グロッソ
・ラベンダー・スピカ
・ラベンダー・ストエカス
このように、様々あります。
各種ラベンダーがどのような成分が含まれているか、成分から考える精油の使い分けについて知りたい方は下記に詳しく解説しました^^
ラベンダー精油の成分と安全・効果的な使い方(アングスティフォリア、スピカ、ラヴァンジン、ストエカス)を専門家がご紹介!

ラベンダー精油の成分比較

ラベンダー精油の様々な使い方、レシピ

一番有名な、ラベンダー・アングスティフォリア精油
「万能精油」といわれるだけあり、幅広い使い方があります。
ラベンダーアングスティフォリアの精油だけを取り上げ、
・心への作用
・身体への作用
・皮膚への作用
ラベンダーアングスティフォリア精油を、総合的に知りたい方は、 【保存版】ラベンダー精油120%活用法!効果効能をご紹介

ラベンダー河口湖

ラベンダー・アングスティフォリア精油を具体的に、どんなシーンで活用するのか?
各シーン毎に、ラベンダー精油のレシピをご紹介しています。気になるページをご覧くださいね^^
【かゆみ肌にアロマケア】汗による肌荒れや虫刺されの痒みに手作りアロマレシピ
【免疫を高めるアロマ】ウィルス感染予防には●●がベスト!
愛情ホルモン「オキシトシン」の効果・増やす方法!最新版【アロマのタッチング理論】

 

ラベンダーのお花(植物)を楽しむ

精油になる前の紫色のお花も美しいラベンダー
関東でラベンダーを楽しめる場所をご紹介しています^^

関東最大級のラベンダーフェスティバル!山梨県河口湖でラベンダーのお花を楽しむ♪

ラベンダーソフトクリーム

上記の写真はラベンダーソフトクリームも楽しんだ、山梨県の河口湖ラベンダー・フェスティバルでパチリ!
河口湖は標高1000mなので、ラベンダー・アングスティフォリアのお花が楽しめますよ^^

AromaTime川口三枝子

お庭で育てたラベンダーの精油の蒸留会

AromaTimeのある東京都八王子市は盆地で暑くて寒い(涙)ので、残念ながら元気に育ちません。
ラベンダー・グロッソという湿気や暑さに強いタイプのラベンダーを育てています。
AromaTimeでも、毎年6月末に行っている”ラベンダー精油の蒸留会”を開催しています。
お庭のラベンダーを収穫し、実際に精油になるまでを体験できる、この時期ならではのイベントなのですよ♥

精油の蒸留
ラベンダー蒸留会(精油になるまで丸ごと体験会♪)
【終了】ラベンダー精油の蒸留会
【終了】ラベンダーを蒸留し精油を作る会!ゼラニウムも!AromaTime部活動(2018年6月)

2020年は夏至に行い、無事に終了しました^^
なんと!今までで一番、八王子産ラベンダー精油がとれましたよ( *´艸`)
実は、夏至は太陽の光が一年で一番強く、ハーブの収穫に最適といわれている時期。来年も夏至に計画しようかな♪

AromaTime川口三枝子

精油の成分を詳しく知りたい方にお勧め

精油の成分を、総合的にもっと詳しく知りたい方は
すぐに使えるアロマの化学
すぐに分かるアロマの化学(BAB JAPAN)をお勧めします。
主要成分がすべて紹介しましたので、全体像も分かりやすくなりますよ^^

アロマについてもっと深めたい方はこちらの講座へどうぞ!

精油の成分に特化して深めたい方は、
植物の処方箋講座(初級講座)
すぐに使えるアロマの化学
フランス式アロマの全般学びたい方は、
ナードアロマ協会認定アロマアドバイザー資格取得講座
アロマアドバイザー資格取得講座

 

この記事を書いている人 - WRITER -
AromaTime 川口三枝子
アロマ歴20年、家族の体調不良の一助にと始めたアロマテラピー。植物とタッチングの力に魅了され、事務職から一転して都内アロマサロン勤務、イギリス系最大手協会認定スクールにてアロマ講師を経て、2005年4月AromaTimeオープン。3年後には、雑誌でAromaTimeを5ページ特集。セルフケアの指導に定評があり、フランス式アロマの代表であるナードアロマテラピー協会認定校として、2009年よりスタート。初心者からプロのアロマセラピスト育成までを、一人一人に合わせた個別指導に定評あり。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アロマスクールAromaTime , 2020 All Rights Reserved.